「ゲーム障害」野放し同然の日本

治療患者の約半数は中高生。中韓では「深夜」のアクセス禁止。日本は危機感が薄すぎる。

2020年2月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「ゲーム障害」という心の病が、人間の脳を蝕(むしば)んでいる。WHO(世界保健機関)は2019年5月、ゲーム障害を新しい依存症として認定した。「ゲーム」とは、主にオンラインゲームを指す。今回の認定により、ゲーム障害は、アルコールやギャンブル、薬物による依存症と同じように、治療が必要な疾病と世界的に認められた。WHOの新疾病分類は22年から施行されるが、ゲーム障害を含めた「ネット依存」の治療は、日本では国立病院機構・久里浜医療センターで11年から始まっている。同センターの樋口進院長(専門は臨床精神医学、インターネット依存など)は、WHOの専門家諮問委員としてゲーム障害の認定に中心的な役割を果たした。

脳の「前頭前野」が萎縮

厚生労働省は18年8月、「インターネット依存の疑いがある」中高生の人数を全国推計で93万人と発表した。久里浜医療センターでネット依存を治療する患者の約半数は中高生 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。