悪徳商法助ける「首相の逃げ」

昔の首相は国会答弁から逃げるようなまねはしなかった。「まがい商法」の広告塔に利用された政治家の務めとして。

2020年2月号 POLITICS [何を懼れているのか]

  • はてなブックマークに追加

首相在職日数が昨年暮れに憲政史上最長となった安倍晋三。だが、まれにみる長期政権を評価する声は意外にも少ない。過去に閣僚を務めた自民党OB議員からはむしろ、こんな苦言が聞かれる。「長ければいいってものじゃないよ。総理として何をしたかがもっとも大事。いろいろ風呂敷を広げたところで、対ロ、対米、対朝といったい何を残したのか」「特に自らの不祥事への対応があまりにみっともない。それでも国民の負託を受ける政治家かと言いたい」。人間の「器」は、その人が窮地の時に最もよく表れるといわれる︱︱。野党議員「悪徳商法というのは取り締まっても取り締まっても、できてくる。自民党という組織が利用されたのか。(中略)総理を利用したとすれば、(ジャパンライフの山口隆祥氏は)よほど大胆で頭の良い男と思うのですが、総理の見解は」総理大臣「いやしくも公の地位にある者がそのよう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。