肝いり買収で躓いた「丸紅」

新社長の目玉買収案件にムーディーズが疑義。責任を巡り経営陣がざわついている。

2020年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「最近、何を言っても矢部が聞く耳を持たない」と丸紅幹部はぼやく。矢部とは丸紅のCFO(最高財務責任者)である矢部延弘で、投融資委員会の委員長も務める。幹部が嘆くのは投資案件を委員会で諮っても、まず通らないからだ。

「エアキャッスルは連結対象」

投資案件がほとんど通らなくなっている主因は、米航空機リース会社エアキャッスルの買収を決めたことにある。丸紅は2019年11月7日、みずほフィナンシャルグループ(FG)系のみずほリースと共同で、20年6月までにエアキャッスルを買収すると発表した。04年に設立された同社の株式を丸紅は28.8%保有する。既存株主から残りの株を買い取る方針で、総投資額は約1900億円。このうち丸紅の投資額は約1200億円で、残りをみずほリースが拠出するというスキームだ。これが丸紅にとっていかに肝入りの案件だったかは、いくつかの傍証がある。発表当日に開かれた決算説明会で、社長の柿 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。