官邸と日医にべったり「厚労省のマツコ」の怪腕

笑顔がマツコ・デラックスそっくりの厚労事務次官は財務省と犬猿の仲。杉田副長官に取り入り「3年続投」か。

2020年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

昨年末の予算編成の焦点は「医師の賃上げ闘争」と言われる診療報酬の改定だった。国民が払う医療費の65%は医師らの人件費。医療費の膨張を抑え、国民の医療費負担を減らすには、サラリーマンの平均年収の約3倍という医師の高賃金にメスを入れる必要があった。ところが、これに待ったをかけたのが、日本医師会と自民党厚労族議員、そして「厚生労働省のマツコ」と揶揄される鈴木俊彦事務次官(60)だった。

最近は『萎んだマツコ』

「鈴木氏は、その風貌と体形がタレントのマツコ・デラックスを彷彿とさせることから、霞が関ではもっぱら『マツコ』で通っています。身長は本家より低く横幅も劣りますが、笑い顔がマツコそっくり。本人はマツコと呼ばれるのを気にしてジム通いしているとか。その甲斐あって少しスリムになり、最近は『萎んだマツコ』『小マツコ』と呼ばれています」(厚労省関係者)鈴木氏は1983年旧厚生省入省 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。