存在感なき日立「軽量トップ」

社長の存在感が薄くても構造改革が進む。悲しいかなリーダーシップ欠如の弊害がない。

2020年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

大企業のトップが一斉にメディアのインタビューに応じ、一年の総括と新年の展望を語るのは、半ば師走の習いとなっている。しかし連結売上高が10兆円近くと、日本を代表する製造業である日立製作所の東原敏昭社長は今年、大手メディアのインタビュー記事に登場しなかった。それどころか年初に開かれた各種業界団体の賀詞交歓会にも全く顔を出さず、雲隠れを決め込んでいる。日立自体にインタビューで語るほどの目立った動きがなかったわけではない。実態はむしろその逆だった。2019年12月18日、長期の業績低迷に加え、検査不正などの不祥事が露呈した上場子会社の化学メーカー、日立化成を最大約9640億円で昭和電工に売却することを発表。同じ日に、日立本体が擁していた医療機器事業の富士フイルムホールディングスへの売却、さらには三菱重工業との間でシコリとなっていた南アフリカでの火力発電所建設 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。