巨悪は眠る「カジノ疑獄」

秋元被告は「小物」で、500ドットコムは「中国」だから、国策捜査を遂行する東京地検特捜部に狙われ逮捕された――。

2020年2月号 BUSINESS [新たな「逮捕」は出ない?]

  • はてなブックマークに追加

2500万ドル(約27億円)と300万円+北海道家族旅行の70万円――。この落差が、今回の秋元司事件の「本質」を伝えているのではないか。2500万ドルとは、米トランプ大統領の最大級のスポンサーである、ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長の献金額で、2016年11月の大統領選に2千万ドル、17年1月の大統領就任式に500万ドルを献金した。370万円は、カジノを含む統合型リゾート(IR)を巡り、参入を目指していた中国企業「500ドットコム」側から内閣府副大臣でIR担当だった秋元被告が受け取った賄賂の金額だ。東京地検特捜部は、19年12月25日、収賄容疑で秋元被告を逮捕、贈賄容疑で同社副社長の鄭希、顧問の紺野昌彦、同じく顧問の仲里勝憲の3被告を逮捕した。秋元被告は再逮捕を繰り返され、収賄金額は積み上がるが、献金理由が「陣中見舞い」の300万円を大きく上回ることはない。

「横浜カジノ」にハードパワー

中国でオン ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。