「ポスト安倍」麻生ホンネ解説

20年秋にもあり得る総裁選は「本命・岸田」「対抗・石破」「大穴・河野」「参加賞・加藤」の構図が想定される……。

2020年1月号 POLITICS [当たるも八卦]

  • はてなブックマークに追加

「桜を見る会」問題がなかなか消火できないのは、誰も本気で安倍晋三首相を守ろうとしていないからだ。政権の「骨格」「屋台骨」と呼ばれてきた麻生太郎副総理兼財務相は「くだらん」と取り合おうとせず、二階俊博自民党幹事長は「何が悪いのか」と開き直るばかり。菅義偉官房長官が一人で対応してきたが、明らかにやる気のない後始末で次々にボロを出し、「国民から理解されていない。納得されていない方は多い。説明が足りないとも思う」と認めながら、「疑惑というのは、よく分かりません」とすっとぼける。安倍本人を含めて誰も必死になっていない。頭は全員「安倍の終わり方」へ向いている。第200臨時国会が閉会した12月9日の記者会見で、安倍は政局運営の方針らしきものを語った。「憲法改正はたやすい道ではないが、必ずや私の手で成し遂げていきたい」と見得を切り、「(17年衆院選では)国民の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。