「北海道カジノ断念」まさかの真相

「官邸直結」知事がちゃぶ台返し。「菅案件」批判を煙に巻き、時間差認定のウルトラCも。

2020年1月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

すわ誘致決断か、と聞き紛う言い振りだった。北海道知事の鈴木直道がIR(カジノを含む統合型リゾート)の誘致断念を表明した11月29日の道議会答弁のことだ。最大3カ所と政府が定めるカジノ賭場が、この国の何処に開帳されるのか、のちのちの伏線になり得る発言なので丁寧に引用する。「IRは国内外から多くの観光客を集め、道内周遊により、交流人口や観光消費の増加、民間投資や域内需要の拡大など効果が期待される」「ギャンブル依存症は対策を行うことでマイナス面を軽減できる。本日まで熟慮に熟慮を重ねた結果、誘致に挑戦したいとの思いに至った」カジノで北海道はウハウハだ。ギャンブル依存症はさほど問題ではない。だから誘致するのだ。鈴木はそう云いつつ、論旨が急旋回する。「しかしながら、候補地は希少な動植物が生息する可能性が高く、限られた期間で環境への適切な配慮は不可能だ。今回 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。