村上世彰が「板硝子」株付け、業界再編迫る?

出光・昭シェル統合の裏で村上氏は数十億円を投じ出光株を約1%取得、一儲けしたという。さて、2匹目のドジョウといくか……。

2020年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

あの村上世彰氏が板ガラス業界に両手を突っ込んでいる。このほど明らかになったのは村上氏が国内2位の日本板硝子に株付けをした事実。保有割合が5%を超えていないため大量保有報告書こそ未提出だが、2019年9月末の株主名簿を締めたところ、関係会社の南青山不動産の名義で約189万株を保有していることが判明。議決権保有割合は2.1%で、堂々の第5位株主だ。この間の株価推移からすると、投下額は15億円前後と見られる。すでに村上氏は18年夏、ガラス業界に片手を突っ込んでいた。国内3位のセントラル硝子の株式を買い占めているのだ。直近、シンガポール在住の長女・絢氏と南青山不動産の名義で約8.2%を保有、筆頭株主の座にある。投下額は約87億円。板硝子にも株付けしたことで今後、両社に再編を迫る可能性はいやがうえにも高まった。何よりも、両社はPBR(株価純資産倍率)が1倍を下回る割安株で村 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。