関経連「お達者クラブ」壊滅

関電会長・八木の辞任で、関経連会長候補は阪急阪神の角だけだが、公私混同に問題。

2020年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

関西電力幹部の金品受領問題の公表から3カ月。商品券や金貨・金杯など859万円分を受け取った会長の八木誠(70)は10月9日付で辞任したが、確実視されていた関西経済連合会(関経連)次期会長就任が消え、財界の動揺は収まらない。八木の代役は阪急電鉄会長の角和夫(70)との観測が飛び交うが、社長就任から16年間もトップに居座っていることもあり「社内外の人望はゼロ」(関西財界関係者)。副会長以上の高齢化が進み、「お達者クラブの関経連はいっそ解散した方がスッキリする」との声さえ上がる。

老害と「お払い箱」が半分

「200億円にメドがついた。さらに300億円を目標にしたい」。11月14日の記者会見で関経連会長(住友電気工業会長)の松本正義(75)は2025年に開く大阪・関西万博の寄付金集めについてこう語った。万博の会場建設費は約1250億円で、国と大阪府・市、経済界が3分の1ずつを負担することになっている。経 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。