朝日新聞「渡辺社長側近」の黒歴史

「広報がなってない」と突き上げるのが朝日記者の典型だが、当の朝日広報部長が「札付き」だった。

2020年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞社の渡辺雅隆社長にとって心強い親衛隊長がいる。後田竜衛広報部長――。渡辺体制の目となり耳となって反体制派の動向に神経を尖らせ、権力を笠に着て粛清する。だが、そんなゲシュタポのような彼には、危機管理の専門家らしくない「黒歴史」があった。いまから14年前、ある醜聞が朝日新聞横浜総局を襲った。「二階堂進の孫娘を休職に追い込んだ上司のイジメ」。週刊新潮2006年4月20日号は2ページにわたり、横浜総局で起きたスキャンダルを詳報した。

なぜか出世コースに乗る

リードにはこうある。「できない上司が、できる部下に意地悪をする(中略)。だが、イジメが昂じて部下は長期療養状態。しかもその舞台が天下の大朝日で、上司が“ネタ”の握り潰しまでやっていたなどと聞いては、ちょっと捨て置けないのだ」と。本文によれば、自民党の故二階堂副総裁の孫娘は、「横浜に来たばかりの彼女に(スクープを)何度も ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。