富士通「島根工場」はなぜ生き残ったか

顧客の要求に応えた「一点物」を素早く作る。出雲の田舎工場のあっぱれな「いいとこ取り」戦略。

2020年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本のパソコン国内出荷は2005年の1273万台をピークに減り続け、18年度は約740万台にとどまった。日本のものづくりの衰退を象徴するこの市場で、しぶとく生き延びている工場がある。18年に中国・レノボ・グループの傘下に入った富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の島根工場だ。今年9月には、05年以来、14年ぶりに月産30万台を超え過去最高を記録した。レノボがFCCL株式の51%を取得し、子会社化したのは18年。FCCLは日本政策投資銀行からも5%の出資を受け、富士通の持ち株比率は44%になった。05年に米IBMのパソコン事業を買収したレノボの年間販売台数は6千万台を超える。FCCLは400万台に満たず、規模では勝負にならない。当初は「設計は日本に残っても、生産はいずれ中国に移管される」との見方が大勢を占めた。我が国のパソコンメーカーでは「日本で設計、台湾で基板を作り、組み立ては ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。