イージス・アショア搭載レーダー技術は性能劣るスペイン製?

2020年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

防衛省は19年10月31日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に搭載するロッキード・マーチン社(以下、ロ社)製のレーダーLMSSR「SPY-7」の取得契約を輸入代理店の三菱商事と締結したと公表した。契約金額は2基で計349億5500万円。売り込みに際しては、三菱商事の宇宙・航空部門出身者でつくる防衛コンサル会社「グローバルインサイト」が、自民党防衛族や防衛官僚らに周到な根回しを行った。だが、今回の調達に対して、当の自衛隊関係者から疑問の声が出ている。護衛艦あやせ元艦長でイージス艦の概算要求実務に携わった坂上芳洋元海将補は、「SPY-7は未完成で、全く実績がない」と指摘。「使われているAESA(アクティブ電子走査式のアンテナ) のGaN(ガリュウムナイトライド)技術は、日本製より劣るスペイン製である可能性が極めて高い」と語る。その理由は、SPY-7の調達方法がFMS(対外 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。