海外節税NGで株暴落オープンハウスに「暴利」批判

2020年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

政府が推し進める富裕層への課税強化策がオープンハウスの株価を直撃した。11月27日の日経朝刊で、海外不動産投資を通じた節税スキームを政府が認めない方針であるとの観測記事が掲載され、米国不動産投資事業に注力していた同社株は一時15%安まで売られ、東証一部の下落率首位となった。米国不動産は償却費が大きく、所得税を圧縮したい富裕層に需要があった。オープンハウスは17年9月に米国不動産を紹介するサロンをGINZA SIXに開所するなど販売を強化。来期は同事業で売上高430億円(連結の約7%)を目標としていた。節税スキームが否定されればオープンハウスの商品に魅力はなくなる。だが、そもそも同社での投資は「とても儲かるような代物ではなかった」と話すのが、同社で米国不動産投資を検討した50代の投資家だ。「幻冬舎の『カメハメハ倶楽部』という富裕層向けサービスを通じて今年7月にGIN ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。