川勝「リニア止め」は成田闘争と似てきた

「知事がやっていることは、民間企業に落としどころのない要求を突きつける官のイジメ。最後に迷惑を被るのは県民です」(桜井静岡県議)

2020年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「嘘つきは泥棒のはじまり」静岡県の川勝平太知事は、公式会見(11月19日)で、鈴木英敬三重県知事をこう侮辱した。三重県内のリニア新駅の予定地について、具体的な地名を出したかどうかが発端だった。愛知県の大村秀章知事に続く「口害」でまた敵を増やしてしまった。リニア新幹線の南アルプストンネル静岡工区(約8.9㎞)の着工を、大井川の減水と、環境の悪化を理由に「待った」をかけた川勝知事は、静岡県とJR東海の仲介に入った国土交通省の局長級幹部にまで「中途半端な理解の人」「器に欠ける」とコキ下ろす有り様だ。12月には国交省・静岡県・JR東海の三者協議に、環境省と農水省、厚労省の参加を求め、首相官邸の関与にも言及した。 川勝知事の言動には、赤羽一嘉国交大臣が「いかがなものか」と顔をしかめ、片山さつき地方創生担当相も「いろいろと言っている」と呆れている。国交省とJR東 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。