関電金品受領の元兇「豊松秀己」

「岩根社長は森山とグルの豊松に嵌められた」(元幹部)。好々爺然としているが汚濁塗れだ。

2019年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

共同通信社の「関西電力役員らの金品受領問題」スクープが、新聞協会賞を受賞した。10月27日、横浜で開かれた受賞者の講演会で取材経緯が明らかになった。取材班が「福井県のじいさんが関電会長、社長らに1億円を渡したのを金沢国税局が摑んで追徴課税した」と聞きつけたのは、今年4月のこと。関電が原発立地地域にカネを落とすことはあっても、地元有力者から1億円ももらうことがあるのか、雲をつかむような話だった。関電の原発は若狭湾沿いに建ち並ぶ。敦賀市から美浜町、大飯町を訪ね歩いたが、そんな「じいさん」はいなかった。空振りが続いた後、高浜町の元助役、森山栄治(今年3月90歳で死去)ではないかとの情報を摑んだ。取材を進めると、森山が関電社長も一目置く大物であることがわかってきた。前後して森山が顧問を務める地元の建設業者、吉田開発に金沢国税局のマルサ(調査査察部)が強制 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。