菅が消えた「ポスト安倍」

わずか6日間で飛車角を失い「菅派旗揚げ」の野望は潰えた。菅は独自に政局を動かす手を封じられた。

2019年12月号 POLITICS [利を得たのは誰か]

  • はてなブックマークに追加

内閣改造から1カ月余りで重要閣僚2人が相次ぎ辞任しても、政権に危機感は薄い。安倍晋三首相は「任命責任を痛感している」と言いながら、責任の取り方は「行政を前に進めていくことで果たす」と繰り返すばかり。「今の官邸は国民を舐めきっている」(自民党幹部)からだが、それを言うなら、そもそも任命した時からそうだった。「異常な事態で国民に申し訳ない。内閣を身を引き締めて立て直していく必要がある。そもそも問題がありそうな人を閣僚に据えた。自民党が議員をどう育てるか、どう閣僚に選ぶかという問題はある」公明党の山口那津男代表が11月8日、BS朝日の番組収録で述べた苦言には、聞き流すことのできない不快・不信感が込められていた。山口氏は今年9月、党代表の連続在任期間が10年を超えた。政界随一の安定感を誇り、絶対に失言しないが、発言は時に辛辣で、それだけに小さなトゲにも鋭 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。