小池「技あり」都知事選に追い風 

マラソン騒動で再び「都民ファースト」。公明・創価学会と連合を取り込み戦闘モード。

2019年12月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「物が言える人が都知事で良かった」「これまで支持していなかったけど、今回は言う通り!」「『温暖』とウソをついて東京に招致した尻ぬぐいをさせられた」――。東京五輪のマラソン・競歩の開催地が「札幌」に決まった11月1日。ネットニュースのコメント欄には「IOC(国際オリンピック委員会)という巨大組織と孤軍奮闘する悲劇のヒロイン」を演じ切った小池百合子都知事へ喝采を送る投稿があふれた。2017年衆院選で自ら立ち上げた「希望の党」の敗北で失速した小池氏に、世論の追い風が吹く場面が久々に訪れた。しかも小池氏が再選を期す、来夏の都知事選を控えた絶妙のタイミング。小池氏周辺は「花形競技のマラソン会場の一方的な変更というIOCの横暴に都民の怒りが爆発した。小池氏は完全に戦闘モードに入った」とほくそ笑む。16年の都知事選に続く17年夏の都議選で自民党を追い込んだ「小池劇場」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。