「空飛ぶ棺」ボーイングの罪万死

「意図的な隠蔽を繰り返し、とんでもない欠陥を見逃した」と、米上院公聴会でこてんぱん。

2019年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

米航空機大手ボーイングのデニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)は10月29日の米上院商業科学運輸委員会の公聴会で、同社の航空機「B737MAX」が昨年10月と今年3月に墜落した事故の責任を問う上院議員から集中砲火を浴びた。マレンバーグ氏は「我々は過ちを犯した」と謝罪した。航空機事故やハイジャックの統計などを扱う航空安全ネットワーク(ASN)によると、1966~70年の年間死者数は平均1469人だったのに対し、2014~18年は同351人で、17年は墜落事故がゼロだった。このデータを見れば半年間に2度も墜落し計346人が死亡した737MAXの異常さがよくわかる。事故の直接の原因は、省燃費だが直径の大きなエンジンを採用した結果、取り付け位置が変わったこと。1967年に初飛行した737−100型はエンジンを主翼に直付けしていた。それが737−300以降はパイロン吊り下げ型になり、MAXからは主翼前方にせり出 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。