孫正義「1兆円追貸し」視界ゼロ

「21兆円の株主価値で評価してほしい」。15兆円の借金を資産にすり替える、見え透いた「孫マジック」。

2019年12月号 BUSINESS [泥沼にハマる]

  • はてなブックマークに追加

「投資会社」を謳うソフトバンクグループ(SBG)が投資で躓いた。孫正義社長が10兆円の大風呂敷を広げたソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)は、米シェアオフィス大手、ウィーワークの株式評価損などが響き2019年7月~9月期、5726億円の赤字に転落。「千里眼」と呼ばれた孫社長の眼力の衰えを印象付けた。11月6日に記者会見した孫氏は「反省はするが萎縮はしていない」と強がったが、SBGが約1兆円を「追い貸し」した「ウィー問題」の根は深い。「今回の決算、ボロボロでございます。真っ赤っかの大赤字。まさに台風というか大嵐でございます」東京・箱崎のロイヤルパークホテルで開かれた決算説明会は孫社長の「反省の弁」から始まった。背後のスクリーンに映し出されたスライドは大時化の海。そこに「SBG強気の投資岐路」「上場申請撤回のウィーワーク資金繰り厳しく SBGの支援焦点」といった新 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。