三期連続赤字「二木ゴルフ」がリスケ要請

どん底から見事に這い上がったタイガー・ウッズ選手のように、再び輝きを取り戻せる日は来るのか。

2019年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

奇跡の復活で注目されるタイガー・ウッズ選手が10月、日本で初開催された米男子ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」で優勝し、全国のファンを沸かせた。夏には渋野日向子選手が全英女子オープンで優勝、42年ぶりに日本人女子メジャー制覇の偉業を達成。日本中に「しぶこ」旋風を巻き起こした。ゴルフ界の明るい話題とは裏腹に、ゴルフ場の運営やゴルフ用品の製造・販売に携わる業者の表情は冴えない。国内ゴルフ人口の右肩下がりが続いているからだ。「レジャー白書2019」によると18年のゴルフ人口は670万人。06年に1千万人を割って以来、減少に歯止めがかからない。そうしたなか、業界内で密かに話題を集めている会社がある。ゴルフ専門店大手の二木ゴルフ(東京都板橋区、二木一成社長)だ。「スイング、スイング、スイング、スイング、ヘイ、二木」と歌う落語家・林家正蔵師匠のテレビCMをご記憶の方も ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。