菅義偉は「総理の器」に非ず

気の早い向きは「もはや隠れ菅内閣だ」と色めき立つが、安倍に刀を抜くのが早すぎた。「策士策に溺れる」だ。

2019年11月号 POLITICS [策士策に溺れる]

  • はてなブックマークに追加

政界通を自任する半可通ほど「ポスト安倍レースの隠れた本命は菅義偉官房長官だよ」と訳知りに解説したがる。結論から言おう。菅が首相になることはない。本人は色気十分だし、政界に囃し立てる輩、群がる一派は増えているが、例外なく算盤ずくか思惑含みに限られ、本気で菅政権樹立を目指している者は一握りもいるかどうか。ただし、菅はおのれの野望を秘めながら、生き残りを賭けて「ポスト安倍」政局を死に物狂いで引っかき回すはずだから、間違いなくキーパーソンではある。だが、そこまでだ。

安倍が目論む「岸田禅譲」を拒否

9月の内閣改造・自民党役員人事では、菅の剛腕ぶりがこれまで以上に露骨に表れた。二階俊博幹事長の肩を持って、岸田文雄政調会長の幹事長昇格の芽を潰した。本誌が一貫して伝えてきた通り、9月の人事で安倍晋三首相の意中の後継者が「本命・岸田」であることがはっきりした。安倍が参院選から人事まで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。