山形の老舗百貨店「大沼」の明日なき漂流

もはやこれまでの惨状。「山形から百貨店の灯を消すな!」という地元政財界の声が空しく響く。

2019年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

百貨店の閉店が相次いでいる。消費税率引き上げを翌日に控えた9月30日、伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、山交百貨店(甲府市)が閉店した。地方・郊外百貨店の多くが人口減少や競合激化に苦しむ中、今年の百貨店の閉店数は全国で10店を超える見込みという。300年以上の業歴を誇り、山形県唯一の百貨店・大沼もその一つで、8月15日に米沢店を閉店した。大沼の苦境については、本誌19年4月号〈地方再生の悪夢「山形大沼」百貨店〉でいち早く報じ、18年4月に大沼の再建に乗り出していた事業再生支援会社「マイルストーン・ターンアラウンド・マネジメント」(MTM)による資金還流を含む「資金なき支援」の実態と、大沼のギリギリの資金状況を明らかにした。それから半年あまり。この間、大沼の経営権は3月22日にMTMから大沼の生え抜き幹部らが出資した会社に移った。早瀬恵三社長を含むMTM出身の取締役、監 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。