ずさんな公文書管理を「専門職制度」が救うか

富士電機会長を務めた加藤丈夫氏が「認証アーキビスト」誕生に向け尽力。

2019年11月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「認証アーキビスト」という公的資格が来年度にも日本に誕生する。アーキビストは公文書などの記録資料(アーカイブズ)を扱う専門職だ。制度を運営するのは国立公文書館。有識者による認証委員会が審査し、館長が認定する。3年以上実務を経験し、修士号取得か同等の実績があり、大学など高等教育機関で所定の単位を取得した人が対象となる。近年、財務省による文書改ざんや加計学園問題、陸上自衛隊南スーダン派遣PKO部隊日報問題など、公文書のずさんな管理に絡む問題が続発している。原因の一つとして指摘されるのが、文書を適切に管理する専門知識を備えた人材が、諸外国に比べて圧倒的に少ないことだ。米国で専門職団体に登録するアーキビストはざっと5千人だが、日本では学術団体の日本アーカイブズ学会が認めた約80人がいる程度。アーカイブズの重要性があまり認識されず、資料の価値を評価し選 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。