北尾SBIの次の標的はどこか

清水銀行やじもとHDが浮上。「第4のメガバンク構想」をぶち上げた、したたかな皮算用。

2019年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

SBIグループが電撃戦に打って出た。SBIホールディングス(HD)の北尾吉孝社長が9月3日に都内で行った講演で「第4のメガバンクを形成する」と言い放ったわずか3日後、火蓋を切るように経営再建中の島根銀行との資本業務提携を発表。SBIHDと傘下のファンドで同行の議決権34%を握り、メガバンク構想実現への足掛かりをつかんだ。「第4のメガバンク」といっても、SBIが新たに巨大な銀行を構築するわけではない。SBIが主導して共同持株会社をつくり、その持株会社を通じて全国の弱小地銀に出資する「弱者連合」の形成を意味している。SBIに十分な資金力があるわけではないが、長引く低金利環境に喘ぐ銀行株は軒並み安く、株価の値ごろ感を測る指標のPBR(株価純資産倍率)が1倍を超えるのはセブン銀行だけ。大半の地銀が0.1~0.3倍のレンジに収まる無残な有り様だ。弱小地銀の時価総額は非常に低く、議決権 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。