ドコモを悩ます「保守派の大物」

「この際、ぶった切れ」。NTT社長の澤田純がファーウェイ排除に血道。物言えぬドコモ。

2019年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「あんなことを早々にリークするなんて。政府に対するパフォーマンスなんだろうな」と通信業界幹部は言う。「あんなこと」とは日本経済新聞9月17日付朝刊の「ドコモ、ファーウェイ5G端末の採用見送りへ」という記事のことだ。ドコモは2020年春に5Gの商用サービス開始を予定している。それに合わせて5Gに対応するスマホを販売する予定だが、商品ラインナップにファーウェイ製は入れないことにした。記事はそう伝えている。

「もっと根性を見せろ」

米政府が事実上の禁輸措置を講じたことで、ファーウェイは米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載できなくなった。利用者にとって利便性は著しく下がるから、ドコモが取り扱わないとするのは理にかなっている。しかし同じ状況に置かれているKDDIやソフトバンクはなお様子見を決め込んでいる。ドコモがなぜ、政府に向けて早々にパフォーマンスをしたのか。ライバルは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。