カジノ3枠目は北海道若輩知事の胸先三寸

「ボクちゃんがやると言えば有力」だが、世論は反対意見も根強い。現在、道民意向調査でとりあえず時間稼ぎ中。

2019年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「ボクちゃんがやると言えば有力なんだけどねぇ」。カジノを含む統合型リゾート(IR)を所管する国土交通省の幹部は10月初め、首を傾げて呟いた。「ボクちゃん」とは、4月に初当選した北海道知事の鈴木直道(38)のこと。IR造成地の選定は、都道府県・政令指定都市の手挙げ方式で行われる。前知事の高橋はるみは、意欲ある自治体の中から苫小牧市を候補地に絞り込みつつ、肝心の誘致決定を先送りにした。地元紙の世論調査で反対が7割を超え、参院選への鞍替えを前に日和った。立つ鳥に跡を濁された鈴木も、就任半年が経つのに決心できない。9月に国交省が行った自治体調査には「検討中」との返答にとどめた。知事選で争点隠しのため「道民目線で判断する」と格好をつけたのが響いている。夕張市長として破綻自治体の処理は経験したが、重要な政治判断などしたことがない。それでも、北海道は政府が最大3 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。