マツダ「インパール作戦」進行

切り札エンジンが大コケ。高級車路線は軌道に乗らない。それでも新工場が着々。

2019年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

マツダは業績低迷のトンネルに再び入り込んだようだ。切り札として投入した次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブ-X」は大コケの空気が漂い始めた。高級車路線の第1弾として売り始めた小型車「マツダ3」の販売は伸び悩む。過大な開発投資で経営危機を招く「マツダ病」については本誌6月号で伝えたが、いつか来た道が日に日に現実味を増している。

第2のロータリーエンジン

今年8月、マツダは顧客にとある通知をしれっと出した。「スカイアクティブ-Xの仕様をレギュラーガソリン推奨からハイオクガソリン推奨に切り替える」という内容。仕様変更の結果、発売時期は10月末から12月中旬に遅れるという。「予約受付開始後に発売を延期するのは異例。その上、ハイオク推奨になってしまったので売れ行きが心配だ」とマツダ系ディーラーは打ち明ける。 マツダの言い分はこうだ。「欧州ではハイオクに近い燃料が使われている ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。