IT業界の「タニマチ」ヤフー

買った会社を育てられない。今度は旬を過ぎたZOZOに4千億円の大盤振る舞い。

2019年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

国内インターネット業界で過去最大のM&A(合併・買収)は、実よりも話題性ばかりが先行している。ヤフーが9月12日に発表した、衣料品通販サイト大手ZOZOの買収だ。ヤフーはZOZOの発行済み株式の50.1%を上限に買い付ける計画で、投資額は約4千億円に上る。

カネは出すが口を出さない

記者会見には親会社ソフトバンクグループの総帥である孫正義も駆けつけ、ZOZO創業者の前澤友作と色違いのTシャツを着て親密ぶりをアピール。孫は前澤と交際している女優、剛力彩芽の話題まで出すリップサービスも見せた。一方、ヤフー社長の川邉健太郎は発表翌日のイベントで、「EC(電子商取引)では万年3位だが、絶対に日本一になる」と息巻いた。だが、先行きは暗い。「勝ち残れるのはアマゾンか楽天のどちらか。突き詰めて言えばアマゾン一強になる」。これが業界関係者の大半に共通する見方だ。ヤフーのEC事業の母体は「ヤフー!ショッピ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。