「東急厚遇」三島市長は打ち首覚悟

担当側近職員はゴルフ三昧。「市民の財産の異常な売却」に静岡地裁の判決が下る。

2019年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

東京から新幹線で約1時間。人口約11万人の静岡県三島市は、富士を背景に湧水が市内を流れ、「水の都」とも称される。伊豆半島の玄関口の役目も担うその三島市で、土地の売却と東急によるホテル建設(地上14階建て、部屋室約200。2020年6月開業予定)を巡り、市民から疑問の声が高まっている。問題となっているのは、JR三島駅南口に隣接する西側の約3400㎡の土地。元は旧国鉄清算事業団が所有していたが、三島市土地開発公社が1997年に約6億4千万円で購入。自転車置き場や駐車場として、年間数千万円の収益を上げていた。市は15年ごろから、駅南口再開発事業に本格的に着手。問題の土地(西街区)に加えて、東側(東街区)でもマンションと商業施設などの複合施設の建設を予定している。西街区の再開発計画は、15年以前からあったが、いったん頓挫。12年に「広域観光拠点としての機能の場」という位置づ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。