埼玉知事選「野党連合勝利」は虚妄

ただただ上田前知事の人気で大劣勢をひっくり返した。野党は「勝ち馬」に乗っただけ。

2019年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

埼玉県知事を4期16年務めた上田清司氏(71)が勇退し、新人5人が争った8月の同県知事選で、元国民民主党の参院議員だった大野元裕氏(55)が大逆転で勝利した。国民民主の支持率は1%程度。民主党、民進党で臨んだ過去2回の参院選もトップ当選は自民党だった。その大野氏が、自民・公明推薦でスポーツライターとして知名度も高い青島健太氏を破った。埼玉県の事情を知らない人は「野党連合の勝利」で片付けているが、その選挙は事実上、上田前知事が出たようなものだった。選挙戦終盤、県内の各戸に、上田氏の写真と並んで大野氏らしきシルエットが描かれたビラが、大量に配られた(写真)。そこには上田氏の16年の業績が記され、「こうした上田県政の改革をしっかりと継承」などと書かれているが、大野氏の名前や写真は見あたらない。

上田との「連動」に意味

これは「確認ビラ」とよばれ、公職選挙法が認める「証紙」を貼っ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。