監査法人原会計事務所への質問

「針小棒大」な横浜地検の捜査。粉飾わずか31億円の肩透かし。

2019年10月号 INFORMATION

  • はてなブックマークに追加

①すてきナイス社及びその前経営者2名は、2015年3月期の連結損益計算書において架空売上32億円を計上したとして起訴されていますが、貴監査法人はその連結財務諸表に対して15年6月24日付で適正意見を表明しています。貴監査法人は、今でも、すてきナイスの15年3月期の連結財務諸表が適正であると思っていますか?②検察官は、すてきナイスの15年3月期の連結財務諸表は重要な虚偽記載があると主張しています。検察官の主張通りであれば、貴監査法人の出した監査証明は虚偽証明ということになります。貴監査法人は虚偽証明に対する行政処分を受ける可能性がありますが、これとは別に、貴監査法人に対する刑事責任についてどのようにお考えですか?③貴監査法人は、すてきナイスが1962年に上場して以来57年間にわたり会計監査を行い、一貫して適正意見を出し続けており、18年3月期の連結監査報酬は53百万円で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。