宇宙の覇権かけ米中が「月」争奪戦

トランプ大統領が「宇宙軍」の創設を命じ、平和利用が謳われた宇宙は今や「戦闘領域」と化している。

2019年10月号 LIFE [崖っぷちの「NASA」]

  • はてなブックマークに追加

宇宙がいよいよきな臭くなってきた。米トランプ政権は8月29日、「統合軍」として11番目となる「宇宙統合軍(Space Command)」を発足させた。「統合軍」は地域別、機能別に陸海空などの軍種を超えて編成される組織で、日本をカバーする「インド・太平洋軍」、中東の「中央軍」、北米担当の「北方軍」などのほか、機能別に特殊部隊の「特殊作戦群」、核兵器を担当する「戦略軍」、「サイバー軍」などがある。「宇宙統合軍」の初代司令官にはジョン・レイモンド空軍大将が就任、当初は87人体制でスタートするという。トランプ大統領はすでに陸海空3軍、海兵隊、沿岸警備隊に続く6番目の軍種として「宇宙軍(Space Force)」の創設を命じており、平和利用が謳われた宇宙は今や「戦闘領域(war-fighting domain)」となりつつある。もっとも「宇宙軍」の創設には約1万3千人の人員と、5年間で1兆4千億円を超 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。