「1ドル百円」日経平均2万円割れ

トランプ大統領のあからさまな圧力でFRBが屈辱の追加利下げへ。世界経済は失速の瀬戸際をさまよう。

2019年10月号 BUSINESS [「BIG CUT」要求]

  • はてなブックマークに追加

ドナルド・トランプ米大統領が米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長に対する利下げ圧力を強めている。金融政策に穏健な「Mr. Ordinary(普通の人)」と見込んで2018年2月に議長に抜擢した大統領だったが、「ジェイ」と親しげに呼び掛けていたのは遠い昔。米中貿易戦争で対立する中国の習近平国家主席と比べて「どちらがbigger enemy(強敵)なのか」とまで大統領は酷評し始めた。「パウエルはパットが下手なゴルファーだ。うまいタッチでインできない。彼が正しくやれば米国は大きく成長する。BIG CUT(大幅な金利下げ)だ。でも彼を頼りにできない! 彼は間違いばかり」――。大統領は今年8月22日のツイッターではこのようにも批判した。政治から独立しているはずのFRBの信認は揺らぎ、大統領は政策金利の誘導目標であるフェデラル・ファンド(FF)金利の1%下げを公然と要求している ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。