オエッとなる「セクハラ常習」厚労省

霞が関をめざす学生が激減。こんな職場に娘を就職させたい厚労省幹部がいるのだろうか。

2019年10月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「事業主の皆さん、職場のセクシュアルハラスメント対策はあなたの義務です!!」。これはセクハラ対策の責任官庁たる厚生労働省が、各企業に向けてのたまった講釈の一節だ。「天に唾する」とはまさにこのことだろう。足元で幹部職員のセクハラが相次いで発覚しているからだ。しかも監督責任に波及するのを恐れ、事案を隠蔽した形跡さえうかがえ、悪質極まる。問題の本質は、セクハラに寛容な幹部がのさばる厚労省の体質にもありそうだ。8月31日付である幹部職員がひっそりと厚労省を去った。今夏まで福岡市で九州厚生局長を務めていた吉岡てつを氏。人目を避けるように辞職したのは相応の理由がある。時を遡ること約1カ月前、吉岡氏はセクハラ行為により、停職1カ月の懲戒処分を受けていたのだ。処分を伝える報道資料がリリースされたのは7月26日のこと。処分された御仁の名前すら記さない紙1枚からは、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。