支持政党なしの「連合」に首相が手を伸ばす?

加藤厚労相は神津会長の小・中学校の同級生。「首相は加藤氏を通じて支持政党のない連合に手を伸ばすだろう」(労組幹部)

2019年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

連合は10月10日~11日の定期大会で、神津里季生会長の3期目続投とともに、特定の支持政党を明示しない運動方針(2020~21年度)を採択する。連合傘下の各産業別労働組合の支持が立憲民主、国民民主の二つに割れ、事実上の分裂選挙となった7月の参院選前から懸案事項になっていた。これまでの運動方針は民主党や民進党など支持政党を明確にしていたが、今回は「目的と政策を共有する政党および政治家との協力関係を重視」と玉虫色の表現に変更。神津会長は「旧民主党勢力が一つにまとまれば、改めて政策協定を結び支持政党として打ち出す」と釈明するが、支持政党を明示しない連合の影響力低下は避けられない。神津氏は8月23日の記者会見で立民、国民両党代表が衆参両院での統一会派結成で合意したことに「もっと早くできなかったのか」と不満を露わにしたが、野党の閣僚経験者は「何もしない連合に言わ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。