お騒がせ國重氏、今度はフェイスブックで懺悔

2019年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

8月下旬、ITや金融のコミュニティが一斉に騒然となった。「これは事実なのか?」話題の主は國重惇史氏。言わずと知れた“お騒がせ”実業家だ。住友銀行(現三井住友銀行)取締役、楽天副会長まで務めるなど遺憾なく経営手腕を発揮するも、女性問題を週刊誌に取り上げられたり、イトマン事件の真相を描いた『住友銀行秘史』を執筆したりと、とにかく話題に事欠かない。そんな彼が自身のフェイスブックで突然、懺悔したのだ。「僕は完治しない難病に罹患しています。今は車椅子ですが、寝たきりになる前に過去を懺悔して、いつか天国に昇りたいです」懺悔の内容は、大きく6つからなる(以下、書き込みについては原文ママ)。①僕は女性を何度も暴行して、殺人未遂で逮捕され留置所に入りました。弁護士が介入して、慰謝料を払う約束で和解して釈放して貰いましたが、今もお金を払わず逃げています。②僕は犯 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。