安倍札幌演説「ヤジ排除」は道警の過剰忖度

2019年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

どうやら、宰相にヤジ一つ飛ばしただけで、しょっぴかれる国に成り下がったらしい。参院選真っ只中の7月15日、安倍晋三首相が北海道札幌市で演説中、30代男性が「安倍辞めろ、安倍帰れ」と連呼を始めた。その瞬間、北海道警の制服、私服警官約10人が男性の体や服を摑み、力ずくで引きずり出した。「増税反対」と叫んだ女子大生も警官6、7人に腕を引っ張られ、強制排除された。さらに、安倍首相が去った後も2時間近く警官に尾行された。公選法は選挙演説の妨害を禁じ、1948年の最高裁判決はその具体について「聴衆が聞き取ることを不可能または困難ならしめるような所為」と示した。今回はなにも、大音響で妨害したり、暴れて演説への注目を削いだわけではない。為政者へのヤジは、選挙の風物詩かつ、有名税といえる。表現の自由が健全に存る証左でもある。「トラブルや犯罪を未然に防止するための措置」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。