沖縄に見切られた「枝野立憲」

都道府県ごとの相対得票率をみると、沖縄県はわずか8%と全国最下位。何が野党第1党か――。

2019年9月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

7月の参院選は安倍自民党の国政6連勝で幕を下ろした。投票率は24年ぶりの5割割れ。政治学者の中北浩爾・一橋大教授は朝日新聞への寄稿で総括した。「与党がプロの戦いをしたとすれば、野党は草野球。そんな試合を応援するために、有権者がわざわざ投票所に足を運ぶはずもない」。お粗末ぶりが際立ったのは立憲民主党である。「議席を大きく伸ばすことができた。野党間の連携は3年前と比較して最大限の力を発揮できる方向に大きく前進した」枝野幸男代表は投開票日の記者会見で成果を誇った。確かに獲得議席数は改選前の9から17とほぼ倍増した。ただ、党勢を示す比例代表の得票791万票はそれとは真逆の方向を示す。結党直後の2017年衆院選で得た1108万票から300万票以上減った。都道府県ごとの相対得票率をみると、沖縄県はわずか8%と全国最下位だ。党中堅議員は「基地問題に格差。この国のゆがみが凝縮 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。