ギブソンに「ブランド再建人」降臨

「リーバイス」を復活させた男は、楽器会社を漁っては捨てた「ギターの名門」を立て直せるか。

2019年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

昨年の5月、連邦破産法第11章(民事再生法に相当)の適用を裁判所に申請し、事実上倒産したギターの名門ブランド「ギブソン」が再生にむけた歩みを進めている。買収あるいは出資していた「フィリップス」のオーディオ部門や、「オンキヨー」といったオーディオ系の不採算事業を合理化し、債権者から支援を受けながら、収益性の高いギブソンと「エピフォン」(廉価版ブランド)のギター製造へ注力することで再建の第一歩を踏み出した。ただし、音響機器メーカーの「ティアック」については、現在でも55%弱の筆頭株主のままだ。2018年末には、主にセミ・アコースティックギターを製造していたメンフィス工場を閉鎖し、機能をナッシュビル工場へ集約、高効率化によるコスト削減を目論む。ギターメーカーとしての原点回帰を陣頭指揮するのは、社長兼最高経営責任者(CEO)のジェームズ ・カーレイだ。前任 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。