新興不動産業が危険水域に

「会計スキャン」は販売用不動産の滞留が著しい業歴の浅い業者に着目。負債の重石をはねのけられるか。

2019年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

三栄建築設計は木造3階建住宅を特色とする戸建住宅販売業者である。1993年9月設立の新興不動産業者であり、2006年9月の名古屋セントレックス市場への上場、11年8月の東証二部への上場を経て、12年8月に東証一部への指定替えとなった。会社は東証一部上場来7事業年度連続の増収を達成し、17年8月期までの3事業年度は連続増益でもあった。会社の業績は表1の通り絶好調となっている。ここで、三栄建築設計の営業キャッシュフローを当期純利益と対比してみると、計上されている当期純利益には営業キャッシュフローの裏付けが乏しいことが見て取れる(表2)。会社の18年8月期までの5事業年度の株主帰属当期純利益の合計は215億円であるところ、同期間の営業キャッシュフローは191億円の赤字である。差額としての発生主義未実現利益は406億円(=215億円+191億円)であり、この金額は三栄建築設計の18年8月期 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。