原子力産業が生き残る道

福島第二の廃炉が決まってもメゲない原子力村。「潜在的な核抑止力」の役割を認める発言も。

2019年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

7月10日から12日にかけてパシフィコ横浜(横浜市)で開催された再生可能エネルギーの展示会「PV2019 太陽光発電展示会&フォーラム」は閑古鳥が鳴いていた。3日間の入場者は1万1765人で、展示スペースは大幅に縮小され、ブースに立ち寄る人もまばらだった。14年開催の「PV2014」では4万2163人が詰めかけ、会場が熱気に包まれていたのとは大違いだ。理由は明白だ。経済産業省が再生エネルギーに対する固定価格買い取り制度「FIT」で、メガソーラーなどの太陽光発電による電気の19年度買い取り価格を1キロワット時あたり14円と、18年度に比べて2割も引き下げたからだ。制度導入時の40円から段階的に引き下げられ、ついに発電事業者がギブアップした。

FITの早期幕引きに成功

電力業界は太陽光発電を目の敵にしてきた。東日本大震災後に原子力発電所が運転休止している間に、太陽光を中心とした再生可能エネルギーが普及し、原 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。