アサヒ泉谷「コンプレックス買収」

4年間で2兆4千億円を投じる「爆買い」。キリンへの敵愾心がアサヒのドンを突き動かす。

2019年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

7月27日、今年も恒例の隅田川花火大会が開催された。夜空を彩る2万発の花火に、集まった96万人の観客は拍手喝采。台風の接近で中止の恐れもあった中、盛況のうちに幕を閉じた。その花火大会の「特等席」に本社があるアサヒグループホールディングスが、どでかい「花火」を打ち上げたのは7月19日だ。ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)から、傘下の豪州ビール最大手カールトン&ユナイテッドブリュワリーズなどを買収すると発表した。

晴れの舞台が霞む悲劇

買収額は1兆2千億円で、日本企業によるビール分野のM&Aでは最大。このところのアサヒの大型買収はこれだけではない。16年以降、欧州でも有力ブランドを買い漁っている。4年間の合計投資額は2兆4千億円。まさに「爆買い」だ。アサヒ社長の小路明善は8月1日の2019年1~6月期決算記者会見で、「ブランド力やエリアごとの経営能力を発揮し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。