ツネイシに「同族の闇」追い打ち

造船大手の今治造船とツネイシHD。「造船不況」に追い打ちをかける謎多き同族経営。

2019年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本の造船業界は数年おきに「○○年問題」と呼ぶ不況を嘆く習慣がある。この10年間だけでも、2010年、12年、14年、19年に工事量が底を突くと業界が懸念する声が新聞・雑誌で報じられた。三菱重工業など重機大手はリストラを繰り返した結果、造船事業を大幅に縮小。地方に本拠を置く専業メーカーは海外進出や工場再編などで何とか乗り切ってきたが、世界の造船市場では政府支援の厚い韓国・中国メーカーのダンピング攻勢が一段と強まり、生き残り策も限界に近づいている。

取締役の4分の1が「檜垣」

「大型船を中心に韓国・中国勢による安値攻勢に苦しんでいる。今は我慢の時期だ」7月26日、今治造船(愛媛県今治市)が開く恒例の東京での記者会見。檜垣幸人社長(57)は今期(20年3月期)の業績見通しを問われ、こう答えた。19年3月期の売上高は前の期に比べ9%増の3911億円。利益については「増益だった」とのみコメントし、そ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。