「天下り理事長に戻るぞ」と馬主脅すJRA

2019年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「『そんなこと言うなら理事長は天下りに戻りますよ!』と言われたわ。怒るどころか呆れてモノが言えない」北海道の大手牧場経営者が溜め息を漏らした。日本中央競馬会(JRA)は6月、禁止薬物を含むサプリメントを摂取していたとして、156頭をレース前日に出走除外とした。それでJRAと理事長の責任を理事に追及したところ、冒頭のように反論されたのだという。この理事が「天下りの役人に戻っていいのか」という偏屈な理由で必死に守ろうとしているのはJRA2人目の生え抜き理事長、後藤正幸(67)である。後藤は前代未聞の大量出走取り消し事件発生時、私用でイギリスに滞在。山高帽に燕尾服で優雅にエリザベス女王が主催する競馬、ロイヤルアスコット開催を見て楽しんでいたという。事件の一報を耳にしながら予定通り休暇を消化。帰国後、JRA関西広報室の定例記者会見に姿を見せたが、競馬村で飼いなら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。