山本太郎に震え消費税「10%超」封印

「ポスト安倍」が誰になろうと、「10年間は増税なし」という首相発言は将来の政権を縛る恐れ。

2019年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

消費税率が10月1日に8%から10%に引き上げられる。2度も引き上げ時期を先送りした安倍晋三首相には3度目の正直となり、「参議院選挙で税率引き上げの信認をいただいた」として自民党の公約通りに増税に踏み切ることになる。ただ、アベノミクスがもたつく中、増税に伴う景気減速懸念が消えず、10%以降の増税シナリオは霧の中だ。「今後10年ぐらいは消費税率を引き上げる必要はない」という選挙中の首相の封印発言が予想以上に重しとなり、将来の増税論議すらしにくい状況が生まれている。首相は衆議院解散.総選挙のタイミングを探るが、5%への消費税減税を主張するれいわ新選組など、10%凍結論の野党各党の動きに神経を尖らせ始めた。それがまた、政府内で追加増税論議をタブー視するムードに拍車をかける構図である。

「消費税5%」で野党結集も

少子高齢化が進む日本では2040年に団塊世代を含めて高齢者数がピークを迎え、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。