トヨタに迫り来る「三つの危機」

「業績好調」報道は眉唾。変調きたす中国市場。秋以降、背筋も凍る危機に見舞われるだろう。

2019年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車は8月2日、2020年3月期の業績予想(米国会計基準)を下方修正し、営業利益が前年を下回りそうだと発表した。一方、20年3月期通期の国内生産台数(予定)を、前期比4%増の333万台と発表したため、大手メディアは「トヨタ好調」の見出しで囃し立てた。しかし、トヨタの業績見通し下方修正は「三つの危機」への焦りがにじむ。秋以降、トヨタをはじめとする日本の自動車メーカーは未曾有の危機に見舞われるかもしれない。

FTが衝撃のレポート

「三つの危機」の一つ目は、10月の消費増税を前にした「駆け込み需要」が全く盛り上がっていないことだ。トヨタは2日の発表で「多目的スポーツ車(SUV)など新型車効果で国内販売が堅調」と強調したが、19年1~6月の国内販売は、前年同期比4.1%増の83万1393台にとどまった。2年ぶりのプラスとはいえ、盛り上がりに欠ける。前回の消費税率引き上げの直前3カ月(14年1~3 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。