勝ったのに敗者「ヤフー川邊」

アスクル社長解任劇の“真犯人”は、孫や宮内に尻を叩かれている川邊ともう一人いる。

2019年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

オフィス用品通販大手のアスクルが8月2日に株主総会を開き、社長だった岩田彰一郎と独立社外取締役3人の再任が否決された。アスクル株を45%保有する筆頭株主のヤフーと2位株主で11%を保有するプラスが反対したため。同日開かれた取締役会で、岩田の後任には吉岡晃が内部昇格した。

「孫さんの質問は2問だけ」

この騒動は7月17日、ヤフーが突如として岩田の再任に反対すると発表したことで表面化した。同日、アスクルはヤフーに資本・業務提携の解消を申し入れ、翌18日に岩田が記者会見でヤフーを「乗っ取り」などと批判したことで一気に世間の耳目を集めることになったが、蜜月だった両社がこじれた深層がはっきりしないため、株主総会が終わったにもかかわらず、なお喧しい。きっかけは今年1月11日、ヤフーがアスクルのロハコ事業譲渡の検討を要求し、アスクルが拒否したことにある。それははっきりしているのだが、岩田が「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。