パナの呆れたベンチャー投資

投資先の家電ベンチャーが破産。馬脚を現す大手企業の「名ばかり」オープンイノベーション。

2019年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「一橋ビジネスレビュー」は「ハーバード・ビジネス・レビュー」を強く意識した季刊誌なのだろうが、今年3月15日に発売した2019年春号は、本家本元が腰を抜かす内容となった。特集で取り上げ、これでもかというほどヨイショしたベンチャー企業「セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ」が、冊子発売後1カ月あまりで、東京地裁に破産を申し立てたのだから。

宣伝費が開発費を上回る

セブン・ドリーマーズは聞き慣れない会社名かもしれない。しかし全自動衣類折り畳みロボット「ランドロイド」を発売するとぶち上げ、社長の阪根信一が盛んにメディアへ露出した会社といえば、「ああ」と思い出す人もいるだろう。このセブン・ドリーマーズの第1回債権者集会が開かれたのは7月末。その直前、同社の主力3事業のうちの一つが投資会社JPHに売られることになった。ゴルフ用超高級クラブシャフトビジネスで、阪根が買収、セブン・ドリ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。