「永久発電機」投資集団の黒歴史

充電なしで走り続ける夢の電動スクーター。代理店を募り1業種1社で数百億円調達?

2019年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

東京・秋葉原の大手電機卸会社本社ビルの一室で、画期的な開発技術に基づく「永久発電機」の製品化が行われている。今年4月15日に設立されたばかりの「どこでもでんき株式会社(D社)」――。社名の通り、「外部からの一切のエネルギーを必要としない発電機」を開発しており、まず電動スクーターを商品化、同社の「28POWER」を搭載した電動スクーターは、充電なしに走り続ける。

判別がつかない「代物」

電気の煩わしさは、コンセントを使えない外部では、常に充電の必要があること。28POWERは、その煩わしさから解放、スマホに搭載すれば電池残量を気にせず使用、自動車は半永久的に走るわけで、まさに「夢の発電機」といっていい。電機の専門家によれば、「画期的過ぎる」という評価だ。「発電モーターと急速充電の全固体電池の融合が28POWERという触れ込みです。理論上はあり得ないことではない。でも、例えばトヨタが2020年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。